やまみのりのプロフィール

 岐阜県生まれ。アラフィフ。独身(過去はともかく、おそらくこれからも)。
 初対面の85%(くらい)の方から「やまみのり」はどこで区切るの?と聞かれます。本名を少し変化させているので、そこからいけば「やま/みのり」と区切るのが自然で実際そう呼ぶ方が多いです。が、どこで区切っても(あるいは区切らなくても)いいです(笑)。
 帽子とサスペンダーがトレードマーク。休日の朝は謎のアジア風炒め物か具だくさんなキッシュを時々作り、午後は愛車FIAT500でよく出かけます(ひとりで)。
 イベントで使うサークル名「ふーせんたぬき」はもともと北陸地方在住時に使っていたラジオネームでした。「体型が信楽焼きの狸」というのと「(当時)バルーンアートの仕事をしていた」ところからつけたものです。


音楽的プロフィール
[聴く]
 JPOPなら、槇原敬之、井上昌己、ZABADAK(上野・吉良時代の)、谷山浩子など。最近はコレサワ、さかいゆうも気に入っています。
[演る・歌う]
 3歳から10歳頃までエレクトーン、小6からフォークギター。岐阜高校音楽部、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)グリークラブで合唱。指揮(右上画像:若い!w)、伴奏、編曲もたまに。地元で第九を歌ったり、男声合唱団コールファーテルに入ったりする。2016年「大阪外国語大学グリークラブ創部90周年記念演奏会」東京・大阪公演に参加、1曲振る。
これまで、ごくたまにサポートKey.として行っていたライブ出演も、自作曲や参加したコンピレーションCDのライブを中心に今後は力を入れたいところ。
[つくる]
 初めて曲のようなものを作ったのは5歳の頃。タイトルは「山の中の田んぼ」。小学2年の頃、毎日小学生新聞の作詞作曲のページ(?)で、また6年生の頃に地元のコンテスト(多分児童対象)で入賞。中学からフォークギターを使っての作詞作曲、高校から多重録音を始める。1984年旺文社全国中学生テープ大賞佳作、1985~87年旺文社全国高校生音楽賞で計5曲入賞('87のグランプリは井上昌己さん)。以後、宅録メインで活動。FM福井「プレジャーアイランド」にゲスト出演、ゆうせん「フレッシュミュージシャン」、FMCocoloで曲がオンエアされる。2006年頃から同人音楽での活動を開始、自身のオリジナルや、楽曲提供、コンピレーションへの参加などを行う。
 YAMAHA QX3→Cubasis→Cubase Le→4ESときて現在使用のDAWはCubase8Artist。